2016年8月4日強いアスリートを生むための科学サポートを通じて
スポーツの魅力・本質を伝えたい


貴嶋孝太  講師

石川昌紀  准教授


貴嶋孝太  講師


石川昌紀  准教授

アスリートを科学の目で分析し、現状の課題や今後の方向性を選手、指導者に伝える。
そんな競技力向上において欠かすことのできない役割を担うのが、石川昌紀准教授と貴嶋孝太講師です。
DASHを通じて、大阪体育大学の科学的サポートを世界レベルに引き上げたいと語るお二人のビジョンを聞きました。

ーまずは先生の専門分野を、それぞれ聞かせてください。

石川:僕の専門は、生体のカラクリを明らかにすること、生体ダイナミクスです。筋肉とか腱、神経などのメカニクスの研究を通して、走・跳・泳・投・滑・打の基本的な運動能力の限界や可能性を研究しています。

貴嶋:私はスポーツバイオメカニクス、特に短距離走の動きや力の分析から、どうしたら速く走れるかの技術を探るのがメインです。また本学では陸上競技部の短距離とハードルのコーチをしています。

——その石川先生と貴嶋先生が、一緒に取り組んでいることは何ですか?

石川:学内、学外の主に陸上・水泳選手を対象として、競技力を測定する専門機器の開発、選手の測定、測定データの即時フィードバック、トレーニングやコンディショニングのアドバイスまでの一連のサポートをしています。現場のトレーナーから「こんな研究成果を現場にフィードバックしないのはもったいない、罪です」って言われたのが日本でサポートを始めたキッカケです。それ以降、現場で困っているコーチ・選手自身やトレーナーが情報を聞きつけて、トレーニングやフォームチェック、より運動能力を高めるためのトレーニングの方向性などの確認をしたいと尋ねてくるようになりました。それに対して私たちが測定し「では、こういうアプローチはどうですか」と提案して取り組んでいます。

ーDASHプロジェクトが大体大の中でスタートしましたが、
実際に先生方が関わっている内容はどんなものですか?

貴嶋:DASHの対象になっている陸上選手に対して、石川先生と一緒にサポートを始めました。

石川:今実際に進めているのは、DASH認定アスリートに加えて、地元の中学生や高校生から、オリンピックや世界選手権代表選手、外国人選手までの幅広いサポートです。学園を上げてサポートしている認定アスリートのサポートには、彼らの競技力向上だけでなく、本学の特徴でもある、将来の優れた指導者として活躍し、そのスポーツを極めてほしいという想いがあります

ーDASHが始まったことで、選手たちにはどんなメリットがあると思いますか?

石川:僕らにとって、極端に悪い部分を普通レベルに直すことは難しくありません。しかしトップ選手の良いところを、さらに良くするということはとても難しい。そこはちゃんと狙ってトレーニングしないと、成果は出せないわけです。身体の形態や動作の測定評価を通して、問題点や課題をクリアにしてあげる。世界中のトップアスリートのデータがありますので、選手がどういうトレーニングをしたら良いのかという疑問に対し、方向性をしっかり示すことができるのは強みであります。
ただ僕らは、客観的に評価し視覚化、見える化しますので、次回選手が測定しに来たときに、課題ができているのか、できていないかがはっきりわかってしまう。これは選手にとって誤魔化せない辛いことでもあります。僕らは客観的にしかデータを示すことができませんので、そのフォローはコーチングをしている先生にも入ってもらえたらやりやすいですし、心理的なサポートが必要な選手も出てくると思うので、DASHのような学際的な取り組みはとても重要になってくると思います。

貴嶋:短距離走に関しては、これまで我々が培った知見や学内のトップ選手をサポートして得た動作や地面反力などの豊富なデータがありますので、そのような情報を対象アスリートに活かすことができればいいなと思っています。もちろん中学生や高校生にも応用できるところがあれば使ってみたいのですが、科学的な内容をそのまま選手に伝えるのはなかなか難しいことですから、コーチに入ってもらって噛み砕いて伝えるという連携はとても重要になるでしょうね。

ー先生方のお立場から「DASHをこういうものにしていきたい」という想いや夢はありますか?

石川:2020年東京オリンピック、パラリンピックでメダルを獲ることは確かに大事なのですが、それよりも「スポーツの本質とは何か」ということを、アスリートにきちっと示せたらと思います。ただ単にメダルを獲る、強くする、というだけではなく、スポーツの本質みたいなものを、DASHを通じて表現したいという想いがあります。ひとことで言えば「スポーツに取り組む魅力」ですよね。それを僕らは選手を使って表現する。バイオメカニクスで動作分析だけではなく、体を作ることもそうですし、コンディショニングもそうですし、そんなトータルサポートがここに来れば受けられる。そのシステムを世界のトップレベルの研究成果と現場への対応力で挑戦しDASHを通して実現したいと考えています。
そのうえで選手をどう育てるかは皆さんと共闘してやっていく課題になりますが、目指したいのはメダルを獲るだけではなく、大体大で育った選手の魅力を伝えることです。

貴嶋:そうですね、DASHでは大体大という大学ならではの色を出せたらいいと思います。より具体的に選手やコーチに方向性を示してあげられる知見や情報を持ったり、明らかにしたりしながら、それを使ってもらうことでトップアスリートの競技力の向上はもちろん、楽しむためのスポーツにも発展する。そんな風に役に立てればいいかなと思います。体育大学ですから、教育の面でも特色を生かせると思います。科学的な知見や成果を用いながら人を教えたり、生きる力を育んだりすることは我々がやらなければいけないと考えています。それは中学生や高校生の指導でも共通です。中学・高校・大学と浪商学園の中で教育やサポートを受けて「この学園で頑張ってよかった」と最後に思ってもらえたら、それが一番だと思います。

石川昌紀教授のプロフィールはこちら

貴嶋孝太講師のプロフィールはこちら