2016年8月4日目標は金メダルを獲ることよりも
金メダルにふさわしい人間になること

柔道女子
山本 沙羅  選手

柔道女子
山本 沙羅  選手

ユニバーシアード日本代表、そして全日本学生柔道体重別選手権では
豪快な大内刈で初優勝を勝ち取った山本沙羅選手。
DASH選抜アスリートになったことで、今後日本を代表する柔道選手に成長することが期待されています。
山本選手が思い描く、理想の柔道家・山本沙羅、そして人間・山本沙羅とは—。

進学を決めた恩師の存在

私が柔道をはじめたのは、小学三年生のとき。母の知り合いの子どもが近所の警察署の道場で柔道を習っていると聞き、見に行ったんです。そこで「自分もやってみたい!」と思いました。性格が猪突猛進タイプなので、一人の相手に果敢に立ち向かう競技スタイルが気に入りました。

大阪体育大学との出会いは、高校2年のときに行われた全国高校選手権大会。そこで現在の監督・松田先生に声をかけていただいたのがきっかけです。その後も、いくつかの大学から声をかけていただきましたが、大体大に決めたのは実家から通学できたから。私にとって家族の存在は大きく、自宅から通えることが私にとってはとても重要だったんです。

ただ、不安もありました。大体大は体育専門の大学。じつは私、そんなに体育は得意な方ではないんですよ(笑)。体育大学では陸上競技、球技スポーツ、武道など授業でさまざまな実技をしなければいけないと聞いていたので。「卒業できるのかな……」と、とても心配していました。そんな私に「大丈夫!」と背中を押してくれたのが松田先生です。包容力がある先生の存在が、進学の決定打になりましたね。……でも実際、他の競技の実技はメチャメチャしんどかったです(笑)。

日本の柔道から世界の柔道へ

現在4年生ですが、柔道で“世界”を意識するようになったのは、3年生のときにユニバーシアードに選出されてからです。当初はそんな大きな大会に出られると思っていなかったので、「ユニバって何?」と存在自体もわかりませんでした。しかし、この大会に出ることは日本の威信を背負うことだとすぐに意識しました。大会がはじまり、いざ会場に入ると漂う独特の「空気感」。選手のメダルにかける思いが痛いほど伝わるんです。雰囲気に触発された私は「なんとしてでも獲りたい」、メダルにかける思いはいっそう強まりました。…ですが、個人戦では2回戦で敗退。すべては敗者復活に持ち越され崖っぷちに。それでも必死に気持ちを整え、なんとか銅メダルを死守することができました。

そんな貴重な経験を積み挑む大学最後の年。私のなかには「全力で1年を駆け抜ける」ことを強く意識しながら、学生2連覇はもちろんのこと、団体戦でもベスト16以上の成績を残し体重別団体の切符を得て、そして講道館杯優勝、グランドスラム出場を目標に頑張っていきたいと思います。

そして、視野に入るようになった東京オリンピック。金メダルを獲ることはもちろんですが、それまでに私が金メダルを獲るにふさわしい人間に成長できるかがこれからの課題ですね。

スポーツや学習環境をサポートするDASH

4月からサポートしていただいているDASHのおかげで、より集中して柔道に取り組めるようになりました。特に食事の環境に関しては、例えば今までは昼食時にはヨーグルトとかフルーツなんかは食べなかったんですけど、DASHがメニューのサポートをしてくれているのですごくありがたいです。合宿では栄養学の勉強がありますし、練習と食事がセットになっているので、食事に関して強く意識できます。食事のバランスとか練習後タンパク質をとると疲労が回復しやすいとか……。ただ、それを普段の生活で継続するのはなかなか難しい。これからの課題ですね。

その他にもDASHではキャリア面でもサポートをしてくれると聞いているので、そちらもすごく興味があります。これは私の希望ですが、大学の授業をサポートしてくれる環境ができると嬉しいですね。授業の欠席が多いと単位を落としてしまうので、私以外の学生でも遠征や合宿でどうしても授業に出られない場合、不安になってしまう学生が多くいると思います。そういったサポートがこれから充実してくると嬉しいですね。じつは私、第二のキャリアとして支援学校の先生になりたいと思っているんです。キャリア支援センターでいろんな方がていねいにサポートしてくれるので、すごくありがたいです。
DASHに対しては期待と感謝でいっぱい。これからもよろしくお願いします。