本学が日本スポーツ界に
貢献するための
新しい指針となる
DASHの幕開け

大阪体育大学

学長上 安孝

2015年に開学50周年を迎えた本学では、これまで体育・スポーツを基軸とした教育・研究にその存在意義を見出し、多くの優れた人財を社会に輩出してきました。そしてこの動きをさらに次の10年に向けて加速させるべく、研究、教育、拠点づくりを柱にした「大体大ビジョン2024」を策定しました。今回スタートした「DASH」は、その中の「拠点づくりビジョン」を見える化したプロジェクトといえます。

大学スポーツ界はこれまで、最先端の研究や指導のバックボーンがありつつも、それらを国家レベルにまで発展させ、日本のスポーツ界全体の隆盛につなげていこうという意識や取り組みが稀薄であったと思われます。
「DASH(Daitaidai Athlete Support & High Performance)」では、学内での各領域の専門家による研究、指導、サポートのメソッドを一つにまとめ体系化し、それを優れた施設や人材が整った拠点である本学のキャンパスにおいて広く提供していく新たな仕組みづくりへの挑戦です。それは優秀なトップアスリートの育成・強化はもとより、地域の子どもからお年寄りまでのスポーツを通じて健康を支えるという目標に向かって重要な役割を果たしてくれるものと期待を寄せております。

大学という教育・研究機関が、国全体の体育・スポーツという大きな枠組みの中に新たなシステムをつくるきっかけとなるべく、本学は率先してこのDASHプロジェクトを進めていきたいと考えています。ひいてはそれが大学全体のバリューアップへとつながり、その方向性を決める指針ともなってまいります。

「見える化」というからには、その成果も明確な形として示していかねばなりません。競技力の高いトップアスリート、育成力の優れた指導者、研究・実践力の高い研究者、そしてそれらすべてが人間的な魅力に溢れた人材であるということ。10年先、20年先に得られるであろうその事実こそが、私たちの初めての大きな取り組みであるDASHが生み出した生産物として認められ、その先に進むべく次のステージの光景が広がってくるものと確信しております。
大阪体育大学を拠点として、今まさにスタートしたDASHというシステムを着実に構築し、自国開催となるオリンピック・パラリンピックも視野に学内で共有できる基盤として定着し進化していくことを願っております。