DASHが切り拓く
新しい時代の体育大学、
そして日本スポーツ界

学校法人浪商学園

理事長田 賢治

大阪体育大学は2015年、開学50周年を迎えました。開学時に奔走した先人の想いを知る方々が年々少なくなり、新しい価値観をもって「第二の開学」に踏み切る時期が来たと感じていた矢先、DASHという新しいプロジェクトの構想が立ち上がったのです。アスリートを中心に、本学を代表する優れた指導者や研究者が専門の枠を超えてひとつになる。これこそ次の50年を見据えた取り組みとしてふさわしいと直感しました。

これまでスポーツという同じフィールドにありながら、選手を直接指導するコーチやトレーナーと、科学という側面から選手の能力を高める研究者との連携は簡単ではありませんでした。お互いに専門家として、それぞれの分野で輝かしい成果を創り上げてきたものの、それを束にして高めていくというプロセスが採用される機会に恵まれてこなかったのです。それをDASHという大きな旗印のもと、存在する困難を乗り越えながら「強いアスリートを輩出する」という目的に向かって手を携える発想は、体育大学である我が校が率先して行うべきものに他なりません。

DASHは我が校独自の取り組みとしてスタートしましたが、これが日本中の体育系大学へ与える影響力は非常に大きなものになると予想されます。チーム一丸となってアスリートを支援する動きは、一つの大学に留めておく必要はありません。足りない要素は、お互いに補い合う。大学同士の横のつながりが生み出す化学反応は、おそらく予想以上の好ましい結果を生み出す原動力になることでしょう。また「DASHへ続け!」とばかりに他大学も刺激を受けることで、日本の大学全体の底上げにもなります。まさにこのプロジェクトは、新しい時代のスポーツの在り方、体育大学の担う役割を明確にするための先駆けとなる画期的なムーブメントなのです。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックを前に、体育大学としては競技力の高いアスリートを1人でも多く輩出する使命があります。また95年前の開学時に本学園が目指した「国民の健康維持」としての体育教育も強化し続ける必要があります。そのすべての鍵になるのが、このDASHプロジェクトです。 大阪体育大学の新しい時代を切り拓く、輝かしい第一歩をここに踏み出す幸せを噛み締めながら、将来の日本スポーツ界のビジョンを共に描いていきましょう。