スポーツのフィールドと
研究を有機的につなぐ
DASHが切り拓く、
スポーツによる社会貢献

大阪体育大学

学長補佐林 薫

私がセンター長を務める「スポーツ科学センター」では、アスリートに対するトレーニングやコンディショニング、栄養やメンタルサポートなど、さまざまな側面から支援を行ってきました。また私自身は体力科学、運動生理学、コーチング学という専門分野の知識を活用して、トップアスリートやジュニア選手への科学的サポートに長い間力を注いできました。DASHでは、そんな研究者の活動の領域を大きく広げた形で、スケールの大きなアスリートサポートが展開します。これまでにはない、新しい発想でのプロジェクトといえるでしょう。

トップアスリートに対するメディカルチェック、フィジカルチェック、実験室で行うラボテスト、フィールドで行うフィールドテストなどで得られるデータをうまく連動させ、理想的なトレーニングメニューの作成やコンディションづくりにフィードバックする。あるいは怪我の後のアスレチックリハビリテーションや怪我を未然に防ぐためのテーピングやストレッチ、試合で実力を最大限に発揮するためのメンタル指導、パフォーマンスを高めるために必要な栄養摂取の指導など、さまざまの分野の専門家が現場のコーチや指導者とも連携してアスリートをサポートするのがDASHの取り組みです。つまりはアスリートが活動する現場と研究室を有機的につなぎ、大きな相乗効果を上げていくことに目的を置いています。

その取り組みや対象は、学内だけ、あるいはトップアスリートだけに限られるものではありません。本学と協定を結んでいる日本スポーツ振興センターや国立スポーツ科学センター、大阪大学大学院医学系研究科など、学外の機関との協調により、ワンランク上の充実したアスリート育成の形ができてくると思います。
またトップアスリートへのサポートで得られたデータや実践の蓄積を、一般の学生や中高生、OB、OGにも還元していく方向性もあります。さらにはスポーツを愛好するジュニア、シニア、ベテランといった幅広い世代の健康維持や体力増進へも活かせるような展開など、多面的なスポーツによる社会貢献が実現していくことでしょう。

私の役割は、そんなDASHの実践の場となる環境を整備することにあります。最新の施設や機器の導入を図りながら、人員も含めてプロモートしていくことです。大阪体育大学が西日本におけるアスリート育成・サポートの重要な拠点として広く活用されるように、「オール大体大」の力を結集して邁進していきたいと考えています。