大阪体育大学、
日本のスポーツ界の価値を高める
50年後を見据えた、
壮大な人材育成プロジェクト

大阪体育大学

学長補佐本 淳也

2015年に開学50周年を迎えた大阪体育大学は、これまで世界的に活躍するスポーツ人財を数多く輩出してきました。この優れた実績をさらに発展させ、より社会に貢献できる人財を次の50年で生み出すための確固たるビジョンを策定するために、私たちは繰り返し検討を重ねました。その結果、「大体大ビジョン2024・拠点づくりビジョン」の軸となるべき施策として生まれたのが、このDASHプロジェクトです。

これまで本学は、トレーナー、心理カウンセラー、バイオメカニクス、マネジメント、健康科学、医科学など、アスリートを支える幅広い分野において優秀な実践者や研究者を輩出しています。しかし、その優れた力を一つのプロジェクトに集約する機会をあまり作れずにいたのも事実です。そこに新しい可能性を見出し、学内にある資産を束ね、大きな総合力として社会に貢献する。その仕組みを作っていくのがDASHの基本構想です。

そのためには、アスリートを軸にして、さまざまな専門家がそれぞれの得意分野で力を合わせるのが、もっともシンプルであり、かつ実践的な方法となります。アスリートを取り巻くスポーツの英知を有機的に結び付けることで、アスリート個人の競技力向上を図ることはもとより、そこに携わる本学学部生、大学院生までもが5年後、10年後、20年後に日本のスポーツ界を支える人材へと成長する未来図も描いた大きな構想でもあります。

DASHのサポートを受けるアスリート側に立って考えると、単に競技力の高さだけが本当の意味での「トップアスリート」を決める指針ではありません。私たちが目指すのは、アスリートとしての自覚を持ち、自発的に社会に貢献する人格的にも優れた人材です。そのためにDASHのサポートにはアスリートに対する学習支援や、将来設計を見越したキャリア支援の仕組みもあります。それは私たちが体育系の教育機関であるからこそできること、そして使命ではないかと感じています。

私の専門である「マーケティング」的な視点で捉えれば、DASHはまさに本学のブランディング戦略を推進する上での大きなチャレンジです。私たちが持つ資産を結集し、その価値を社会に広めていく。それが在学生、教職員、さらには卒業生に至るまでが抱く「大阪体育大学」というブランドに対する誇りにもつながります。またDASHプロジェクトを軸にしながら他大学、あるいは他の研究機関とも連携して、ともに力をつけて価値を高めること。マーケティングの世界で語られる「共創」という動きが、日本のスポーツ全体を革新することにつながっていきます。

2020年東京オリンピック、パラリンピックに向けての機運が高まっている今、国はさまざまな形でスポーツ改革に取り組んでいます。私たちは体育大学として、そんな国家レベルの取り組みとリンクし、積極的に貢献することが求められています。
このDASHプロジェクトが日本だけでなく世界のスポーツの価値を向上させる拠点として本学を発展させ、スポーツが持つ個人、家族、地域、国、そして世界を豊かにする可能性を追求し続ける実践の場でありたいと願っています。

インタビュー記事を見る
コラム記事を見る